未設定

BLOG

2022.01.26

勝手に動く・・・

私が「是非お会いしたかった」けれども叶わなかった方の一人に

野口整体の創始者である野口晴哉先生がいます

いわゆる天才という異名で知られる方ですが野口先生といえば活元という自発動があまりにも有名です

さて実は昨年末からちょっとした試みを実践していました

 

私が現在に至るまでの経緯は以前にも書いたことがありますが、松葉杖生活の中で本当にいろいろな治療を受けてきた「歴史」があります

そんな中でいつも自分が不思議に感じていたことが、自分の身体が治ろうとする時に自分の意思とは関係なく『勝手に動き出す』という「たまたま起きる現象」でした

 

野口先生が最終的に重きを置かれていた「活元」という自発動、これは先生が何をするでもなく患者の身体が勝手に動いて調整を始めていくというものでした

 

つまり身体の歪みや不調を解き放つべく動き出すその動きの中にすべての答えがあって、それはその人自身の身体が知っているのだから、全てをその動きに委ねておけば自然治癒力によってあるべき方向へ導かれていくということなのでしょう

最初に松葉杖から解放してくださった先生も、そしてその後に出会った駒川先生も、そのほか「ただ見ているだけ」の先生(笑)も、私の状態が本当によろしくない時には必ず私のスイッチを入れて下さって!?私の身体は「激痛を発しながら(←これが非常に辛い)」大きく骨盤から腰椎付近が動き出します
たまらなく痛い方向へ限界まで動く、動ききったら逆方向へまた限界まで動く、これをしばらく繰り返します
自分の意識はもちろんはっきりしていますので、誰が動かしているのか??という実に不思議な操られているような感覚の中でひたすら痛みに耐える・・
それが10~20分続きますが、これが起きるとその後は全く痛みがなくなるということが経験上わかっていますので、ここはもうひたすら耐えるしかありません(笑)

動きはだんだん緩やかになるとともに痛みも次第に治まって、動きが止まった時には身体の痛みから解放されているというのはいつも同じパターン

この動きは何かを意図したり頭の中で何かを考えている時には起こらないというのがポイントで、”気が付いたら動き出していた”というのも興味深いところかもしれません

思うにこれこそが自発動である「活元」なのだろうなと

 

そして・・・

そして・・・

 

セルフのライオンあくびの時に壁などを使ったストレッチをしている最中にこれが突然起きることが最近何度かあり、腰椎から始まって脊椎が大きく波打つという(笑)自分で再現しようとしてもできない動きが展開・・・

その後の身体のバランスの良さ、爽快感は言葉では表せないような極上の体感なのです!動きが止まってから最後の仕上げはもちろんあくびでエネルギーを整えますが、肉体的な調整はあれこれ自分がやろうとしなくてもお任せで~というのは実に便利なことこの上なく、「体は答えを知っている・・・」と畏れ多い気分にならざるを得ないところです

今月、飛び込みで神戸に入って駒川先生の施術を受けたのですが、その時に午前午後と施術の予約を入れていたにも関わらず、午前の施術が終わった後「あかりさんの身体の状態がとってもいいのでもうやることがありません!午後は受ける必要がありませんよ」

と言われてしまい、こんなことは初めてでしたが午後はキャンセルしました

最近のこの自発動によって調整されたからなのか・・(笑)それとも・・・

 

さらにそして・・・・

先日施術をさせていただいたクライアントさんの中でその自発動が壁のストレッチ中に突然始まった方が・・(笑)

 

長くなりましたので、いつかまた続きを書きますが

あくびと自発動のコラボというのは「あり」ではないかなと個人的に想うところあり
もう少し探求を重ねます





 

 

 

全てを見る

PAGE TOP