トップ > ドクターからの推薦

ドクターからの推薦

長岡 美妃先生

長岡 美妃先生
東京女子医科大学卒業
同大学消化器病センター外科にてがん治療に従事
国立国際医療センター、国立がんセンター緩和医療科に従事
北海道洞爺協会病院〜福岡秋本病院にて緩和ケアセンター長を歴任
現在は、AI和合クリニック院長として未来医療に取り組む

現代医学は部分を捉えていきます。
臓器、細胞レベルの機能不全を解決するため、様々な医療行為をしていくのが現代医療です。
急性疾患や救急の分野においてはとても効果を発揮できる医療であることは間違いありません。
しかしその反面、ガンを含む慢性疾患に対してはなかなか難渋しています。
その原因は、現代医学はニュートン力学の世界観に留まっているためと考えられます。
空間の中に存在があり、その存在のみを扱っているのです。
しかしもっと意識を拡張して見て、一般相対性理論で物事を測った時、存在の裏にはエネルギーの場が隠れていることが分かります。
そしてエネルギー場と存在の関係は、原因と結果の関係性です。
ニュートン力学に固定されたものの見方では、隠れているエネルギー場を観ることができません。
間脳活性メソッドは、原因であるエネルギー場にアプローチしていくとても優れたメソッドです。
エネルギー場の中枢である間脳に、自らの自然な動きによって振動を与えていき活性化していく。
それによって全身のエネルギー場の循環に滞りなくなり、場全体のポテンシャルが上がります。
場が整えば、結果、臓器レベル、細胞レベルも活性化されるのです。
原因が明らかではない疾患を長年抱えている方には是非、おすすめしたいメソッドであります。

梅津 貴陽先生

梅津 貴陽先生
医療法人社団藍青会理事長
歯科医師
食育1級マスター シャランメソッドマスター
小児科医真弓定夫ドキュメンタリー映画「蘇れ生命の力」にも出演
「真実の医療」をテーマに、国内外を問わず講演活動を行っている

Interbrain Activation Method(間脳活性法)は、口を開閉する内側、外側翼突筋を用いて間脳を刺激し、その活性を促す事が基本となるメソッドです。
その効能は多岐に渡り、様々な効果を引き起こします。
しかし、Interbrain Activation Methodにおいて最も重要な事は、メンタリティと肉体の調和であると私は感じています。
口を大きく開く動作はいわゆる「あくび」ですが、これは動物が本来持つ、自己調整法であるという事に
主宰の駒川先生は気付かれました。
そして、とても深遠に探求され、理論的に体系づけられたものが、Interbrain Activation Method(間脳活性法)なのです。
確かに入り口として、健康法に位置付けられる事は理解できます。
しかし、単なるメソッドとして捉えるのではなく、本当に健康な状態、つまり精神と肉体の双方が、共振して真の健康に辿り着くことが出来る手法であると私は思います。
誰でも手軽に無理なくスタート出来るメソッドとして、また万人に必要なメソッドとして、私はInterbrain Activation Method(間脳活性法)を推薦致します。

推薦の言葉

田所メアリーさん

田所メアリーさん
NPO法人ラフターヨガジャパン代表

駒川先生の本が出はじめた頃、それに携わったライターさんが偶然にもラフターヨガ(笑いヨガ)のことで、私にインタビューを依頼しました。
途中、彼女が不思議な表情になり、笑いヨガとライオンあくびの効用はとても似ていると話してくれました。
そもそも、笑いヨガにライオン笑いもあって、私も興味津々でした。
すぐに本やビデオを注文しましたが、受けてみないとわからないと感じ、駒川先生を東京に招き、仲間とベーシックコースを受けました。
効用だけでなく、簡単で誰でもいつでもタダでできるという点も笑いヨガと一緒だ!
実は、私は6歳から50年に亘って、ひどい偏頭痛に悩まされていました。
笑いヨガで呼吸も深まり、自律神経も随分整ってきて、偏頭痛もほとんどなくなってはいましたが、自分が教える2日間のティーチャー講座では、相変わらず偏頭痛が襲ってくるのです。
しかし、ライオンあくびのベーシックコースを受けた半年後の5日間のティーチャー講座を教えた際には、頭痛の前兆すらありませんでした。
私にとって奇跡だった。
駒川先生のおかげで、とうとう偏頭痛を完全に卒業できた。
今やライオンあくびは生活の一部で、毎日の体調のバロメーターです。
どなたでも、大いに推薦します。

PAGE TOP