keiko BLOG

2021.02.26

〜 喉に悪霊 〜

 

みなさんこんにちは! Keikoです。 

 

今年に入って、IAMモニターの施術に集中していたらあっという間に2月も

終わりますね。ブログがすっかりご無沙汰なりました。笑 

 

みなさんは冬の強張った身体のケアはなさってますか? 

 

コロナもまだまだ油断できませんからね。免疫力を上げて元気に過ごしてくださいね! 

 

さて、おかげさまでそろそろIAMモニターも100名様に到達です。 

この2ヶ月の間にも本当にいろんな経験をさせていただきました。 

 

・・・

とある日、最後の施術のためIAMモニター様にお会いすると、

開口一番に「喉に悪霊がついてると言われて霊能者にとってもらったの。取れたかな?」

とお話しくださいました。

ま、私は慣れっこなので悪霊とかではビビりません。w

 

他は?と伺うと「真っ黄色なんだけど。。。」と言って掌をお見せになりました。 

 

施術を始めるなり私の掌がピリピリして痛くて、骨を砕かれるような痛さで仕方なかった。

なかなかにキョーレツでした。苦笑

頑張って施術を済ませてモニター様の掌を見ると黄色が和らいでいましたので

やれやれ。 

 

後日お医者にビタミンAの取りすぎで掌が黄色いと言われたとご連絡をいただきましたが、、、

 

 

私はというと、

痛みを自分の中へ吸い取ってしまったの?と自分を疑いたくなるくらい、

 

職場でミスったり、人生について深いネガティブな想いが湧いたりと調子がどんどん狂ってしまいました。

 

ですが! 私はIAM施術者としてプロになる者!(大げさ。笑)

自分のことは自分でもケアします。

 

IAMのセルフケアバージョンのライオンあくびは自分のエネルギー状態を無理なく活性化します。

 

湯船に浸かりながらや電車の中でもマスクの下でセルフでライオンあくび、

猫を撫でながらセルフライオンあくび、いつでもどんな時でもやり続けました。

ひと月ひっきりなしに続け、

調子がおかしかったのもおかげさまで元通りになりました。

 

それ以上かもしれません。

 

都合よく物事が進むように変化をしていきました。

 

調子が狂う毎にセルフライオンあくびを行っていましたが

実はもう一つ、心の葛藤を無くす’プラス’と呼ばれるメソッド

(IAMの発展バージョンで今現在は新しいメソッド名に変更中)

ワークも繰り返し行っていました。

 

このワークは自分をゼロポイント、ワンネスにつながる状態にするのです。

一般の方が実践するにははちょっと難しい技ですが、これが本当に助かる。 

自分の内側を内観し、感情が騒つく度に何かが引っかかると感じたら

それを手放すためにワークに取りかかります。

 

私たちの心は感情で動くものです。 

 

日々精進している私も、この悪霊の相談を受けたことがたまたま

トリガーとなって、今まで隠れていた私の闇の部分

つまり、これまで隠してきたドロドロの感情が奥から出てきたのかもしれません。 

 
・・・
 

先日受けたIAMプラクティショナーコースの授業の日にもこの隠れたどうしようもない感情が出てきました。

 

授業中に、IAMの施術を駒川先生へ直々にすることになった途端

 

心臓がバクバクいいだしてまるでウニのトゲトゲがハートにあってそれが大きくなったり小さくなったりしだして。。自分でも止められなくなってしまったんです。

 

 

最初の2〜3分の施術で私の手は駒川先生の頭から離され、

 

 

 

開口一番、「そのハートにあるエネルギーをプラスしてきてください」と言われてしまいました。

 

 

(トホホ。)

 

 

「よく見せたいという思いや上手くできるだろうかという気持ちをプラスしてください。」

 

(ようは、欲求を手放して純粋に施術に集中できるよう統合してきてください。)と指導されます。

 

 

結局これも私の内側からやってくる、今までないものにしていた

感情が奥の方が引っ張られた以外のなにものでもない。 

 

その後も駒川先生は指導くださるのですが、私の耳には入ってきませんでした。

 

 

ただ私の目の前に広がるメッセージは、小さい頃の私が見えていて母親は背中を向けている情景。

 

 

それは、ひとりぼっちという気持ちと誰も助けてくれないという気持ちがいっぱいになっていた幼い私自身だったのです。

 

 

IAMのプラスのワークをする時に、自分の感情で波動の低いものを手放したはずにもかかわらず、

 

さらに感情が出てきて、前にワークをした時よりも深いエネルギーが好転反応であるかのうように

 

さらに押し寄せてくる体験もこれまでに何度かありました。 

 

 

 

つまり、人生の生い立ちの中で我慢していたことや諦めていたこと、

その時の感情が溢れているのに押し殺している。気がつかないふりをする。

 

 

もう大人になってそれは忘れてしまった出来事に伴う感情を奥に放置しているのです。

 

 

 

それがひょんなきっかけとなり顔をだしてきましたが、

(今回の場合はモニター様の施術がトリガー)

これにはやはり向き合いたいのです。 

 

 

 

奥の奥にある解決していない自分の感情。これは手放せるいいチャンスです。 

 

 

真剣に自分のハートと向き合うことでIAMの施術にも大いに貢献できると

思うんです。そうでなければ、他の人をどうやって癒すことができるんでしょう。

 

 

こうして、トゲトゲハートがなぜ起こるのかを知るために私はヒプノセラピーを受けることにしました。

 

 

トゲトゲハートが幼少の頃に起因してるのか?過去世のか?

 

、、、続く。 

 

 

 

はい。長くなってしまったので今回はこれまで。

次号ではIAMとヒプノセラピーのお話をいたしますね! 

どうぞお楽しみに! Keikoでした♡

 
お問い合わせ先は→ lionakubi0@gmail.com

全てを見る

PAGE TOP