平岡朋子 BLOG

2020.04.09

口を大きく開ける意味〜ライオンあくびのポイント2

前回のブログで、ポイントの1つに

「力まず大きく、あくびのように、内側翼突筋が刺激されていることを意識」

と書きました。

 

では、内側翼突筋ってどこにあって、どうして重要なのでしょうか?

 

 

【内側翼突筋(ないそくよくとつきん)】

咀嚼筋の1つで、蝶形骨と下顎の骨を繋いでいます。

下顎を持ち上げる役割を担っています。

 

青い部分が蝶形骨で茶色い部分が内側翼突筋です。

横から見るとこんな感じ。

 

角度を変えて、後ろから見るとこう。

結構、平べったい筋肉で、青い骨(蝶形骨)と下顎を繋いでいます。

 

口を開け閉めする時にこの筋肉が動くので、

あくびの動作でこの内側翼突筋を通じて蝶形骨に刺激を送ります。

 

あくびの動作というのは、ストレッチをしていると考えてもいいかもしれません。

いわゆる顔筋運動ですね。

 

すると、緊張で固まっていた内側翼突筋と蝶形骨のつなぎ目が緩んで、

フワッと軽くなる瞬間があります。

この緊張が取れたかどうかが、

間脳を活性化させるための重要なポイントの1つです。

 

内側翼突筋の緊張が取れて蝶形骨が自由に振動を始めると、

間脳が活性化するだけでなく、様々なことが派生して起こってきます。

間脳が活性化したその先には、まだまだ色々なことがあるんですよ〜。

 

蝶形骨を自由にすることは人間の無限の可能性の扉を開くこと、かもしれません。

全てを見る

PAGE TOP