大嶋陽介 BLOG

2023.01.18

私とIAMの出会い 人生が動き始めた1時間

 

 

 皆さん 始めまして

 ライオンあくび認定アドバイザー・IAM認定プラクティショナー研修生の                     

 大嶋陽介と言います。

 今日から、自分の体験談や私の施術したお客様の声、そして、

 日々をIAM的にどう生きていくかなどを、このブログで発信していきたいと思います。

 一読いただけると嬉しいです。

 

 今日は1回目と言う事で

 私とIAMの出会いについて、そして駒川先生の施術を受けて何が起こったかを

 一部お伝えしていきます。

 

 先生との出会いのきっかけを作ってくれたのは、私が参加している、

 とあるコミュニティの参加者の方です。

 全然違う目的でそのコミュニティ内に新しいグループが出来て、

 そこに招待され、全然違う話の中から、何故か体の話になり、

「頭ポンポン触ってあくびして体が良くなる施術がある。」  

 と・・・

 今思えばよくこのフレーズで施術を受けようと思ったかはわかりませんが、

 「受けたいです。」即答していました。ノリは怖いですね。

 その流れで駒川先生とのつながりを設定して頂きました。

 何も知らないままに受けて損をしたくなっかたので

 施術を受ける前に、先生の著書も2回読み直し、知識もばっちり

 そうこうしているうちに施術当日を迎えます。

 心配や好奇心、不安が交錯して、ほぼ、なげやり状態で会場へ向かいます。

 私は子供の頃から様々なスポーツをやっていて

 今もスポーツを数種類(クライミング、スラックライン、SUP)をやっています。

 それぞれかなり本格的にやっていて、スラックライン、クライミングは10年のキャリアがあります

 その経験もあって、身体操作や身体の事については、ある程度知識も経験もありました。

 そして、数年間にわたって整体へ通っていました。(週2です週2、怪我をしたわけでもないのに)

 でも結果は痛い思いをした記憶が蓄積されるだけ、改善はしませんでした。

 そんな経験をしている僕からすると・・・

 「あくび程度で良くなるわけないじゃん」これが施術前の僕の本心でした

 そして、先生と初めて対面 興奮しすぎて何を先生に喋ったか覚えていません・・・

 先生も僕の話を聞いたか聞かないか、なんの説明もなく施術開始。

 ストレッチみたいな、違うような動きをいくつかやられて

 ベッドに寝てあくびを数回して 「はい終わりました。ゆっくり横になっていてください。」

 ??????

 えっ?終わり?何をしました?と言うのが率直な感想でした。

 「休んでください」と言われながら様々浮かび上がる疑問でゆっくりもできず

 ずっと色々考えていました。興奮して全く体が休まらなかったです。

 終わった後は、衝撃的でした。体がやたらと軽い。可動域が広くなっている

 なんで?なんで?と思っているうちに「あっ、これ自分の天職だ」となり

 そこからは先生に質問攻め。今思えば業務妨害でした。(先生、あの時はすいません、、)

「これをやりたい」と直訴しました

 とても迷惑な患者だったと思います。

 

 そして翌日はSUPのレース。

 SUP (stand up paddle board)というのは水上(主に海や湖、川)を

 サーフボードに近い形状のボードに乗り、パドル一本で漕ぎ進める

 ハワイが発祥のマリンスポーツです

 

 施術効果が出ていればいいなと思い、レースがスタート

 あれ???体がいつもの動きをしない。

 身体が別の人の動きをしているような錯覚に陥りました。

 今までは無理やり動かしていた体が、今は自然と意識しないで動いていく。

 確実に体軸が変わり、全力で漕ぎに集中できる

 そのレースでは遅いながら前回大会より順位が34位くらい上がっていました。

 「訳がわからん。。。。なんだこれ」

 という思いと同時に「これが周りの人にも出来たら・・」ますますやる気が湧いてきて

 そこから紆余曲折×17回くらいを経て今を迎えています。

 人生が変わる瞬間は何回か経験してきましたが、IAMで更に加速しました

 大袈裟ではなく「人生がまた変わった」

 「こんな、ひょんなきっかけでIAMや駒川先生とご縁が出来たのですが、最初の変化はほんの一部

  劇的な変化はこれから起こりました。」

 

 今日は、かなりざっくり話をしてしまいましたので

 次回からはもう少し詳細に、出来るだけわかりやすく

 何がどう変わったのか?についてお伝えしていきますね

 これからの記事が皆様の役に立って頂ければ幸いです。

 最後まで目を通して頂き、ありがとうございました。 

 大嶋陽介

 

全てを見る

アーカイブ

PAGE TOP